トップシェード(ハチマキ)概要

車種、型式毎に最適にカット済みですので型取り及びカット作業不要です。
内貼りとフロントガラスの干渉具合によっては多少切っていただく場合もあります。
目的の車種、型式の貼る箇所毎に最適にカットされたフィルムとなります。
フィルムの下端は目的の車種、型式の貼る箇所の仕様に合わせて合わせて選択しています。ナチュラルなアーチに切られていますので自然な仕上がりとなります。
太陽の眩しさから逃れる。簡単なドレスアップにお役立てください。単色スモークまたはブラウンフィルムですので、グラデーションタイプにはない抜群の日よけ効果が期待できます。
太陽の眩しさから逃れる。簡単なドレスアップにお役立てください。 ドライブレコーダー等があっても映ります。
ETCなどの装置もフィルム施工、乾燥後に貼り付ければ問題なく動作します。
単色タイプのご購入こちら
 
商品は予告無く メーカーが仕様変更する場合があります。
リンテックウィンコススタンダードシリーズ
GY−3IR(断熱原着スモーク4%)濃い
GY−5IR
GY−15IR
GY−30IR
GY−45IR(断熱原着スモーク44%)うすい
他社メーカー
染色ブラウン15%
染色ブラウン27%
ゴースト2ネオAR79
ゼノン2ゴーストAR84
ファインゴーストPR99
ファインゴースト
ピュアゴースト88
ローズゴースト
から選択出来ます。

施工方法
1.当フィルムを貼り付ける場所に何かある場合(直付けミラー、車検ステッカー、ダイヤルステッカー、ETCなど)取り外したり、はがします。
ETCドライブレコーダーなどの後付けのものはテープでついているだけなので取ることが可能なはずです。ついている  場所高さによっては、干渉せずに取らなくてもOKな場合もあります。
2.ガラスを清掃します。
3.付属の濃縮施工液を適量の水で薄めた施工液を噴霧器でガラス面に吹きかけます。
必要に応じてダッシュボード、フロントガラスなど、養生マスキングしておいたほうが良いでしょう
4.フィルムのセパレーターを剥がしながら施工液をフィルムの糊面にも吹きかけます。
埃のない場所で予め吹きかけておけば車内で剥がしやすくなります。ガラス面に当フィルムを乗せ位置決めします。
位置がずれない様に押さえながらヘラ等で水抜きします。
乾燥させます。
乾燥後必要に応じて ETC ドライブレコーダー フィルムアンテナ等など取り付けます。
車検ステッカーは付属の透明シートにつけた後透明シートごとフィルムに貼り付けます。(弱粘性なので次回車検の際フィルムを傷つけず簡単に剥がせます。)

単色タイプのご購入こちら

グラデーションタイプ
グラデーションタイプのご購入こちら

商品名 カット済みグラデーションタイプトップシェード(ハチマキ)フィルム)
カット済みですので型取り不要です。
目的の車種、型式の貼る箇所毎に最適にカットされたフィルムとなります。
フィルムの下端は目的の車種、型式の貼る箇所の仕様に合わせて合わせて選択しています。ナチュラルなアーチに切られていますので自然な仕上がりとなります。
グラデーションスモークブルーのみとなりました。
お車のフロント正面ガラス上部に貼るフィルムです。 グラデーションタイプですので、上部から色が透明に変わり、フィルムを貼った後の色の境界線が目立ちません。
太陽の眩しさから逃れる。簡単なドレスアップにお役立てください。グラデーションタイプですので、上部から色が透明に変わり、
フィルムを貼った後の色の境界線が目立ちません。
太陽の眩しさから逃れる。簡単なドレスアップにお役立てください。 ドライブレコーダー等があっても映ります。
ETCなどの装置もフィルム施工、乾燥後に貼り付ければ問題なく動作します。
付属品濃縮施工液 フィルム施工にもっとも適したエマルジョンです。200ccから300ccの水に薄めて使用します。
車検ステッカーを貼る透明シート保安基準証明書(高さが20%以内の商品であることを証明するものです)(基準値内でも車検に同格しない業者さんもまれにあることをご了承の上、購入ください)数値は空欄ですのでお客様のほうで実測後記入ください。検査の際実測しますので未記載でも構いません。
グラデーションタイプのご購入こちら

商品は予告無く メーカー生産終了する場合があります。
2021.11現在
グラデーションスモークブルー透過率5%
グラデーションブルー透過率37%のみとなります。

車種、型式のアーチ形状によって提供できなくなる場合もありますので 予め問い合わせいただくか、ご注文後選択の色がない場合、連絡させていただき改めて色の選択を、お願いします。
 高さの加減も可能です。高く(大きく)する場合は保安基準証明書は付属しません。高く(大きく)する場合、または低く(小さく)する場合は中央で何ミリにするか明記くださいますようお願い申し上げます。 施工方法
1.当フィルムを貼り付ける場所に何かある場合(直付けミラー、車検ステッカー、ダイヤルステッカー、ETCなど)取り外したり、はがします。
ETCドライブレコーダーなどの後付けのものはテープでついているだけなので取ることが可能なはずです。ついている  場所高さによっては、干渉せずに取らなくてもOKな場合もあります。
2.ガラスを清掃します。
3.付属の濃縮施工液を適量の水で薄めた施工液を噴霧器でガラス面に吹きかけます。
必要に応じてダッシュボード、フロントガラスなど、養生マスキングしておいたほうが良いでしょう
4.フィルムのセパレーターを剥がしながら施工液をフィルムの糊面にも吹きかけます。
埃のない場所で予め吹きかけておけば車内で剥がしやすくなります。ガラス面に当フィルムを乗せ位置決めします。
位置がずれない様に押さえながらヘラ等で水抜きします。
乾燥させます。
乾燥後必要に応じて ETC ドライブレコーダー フィルムアン等など取り付けます。 フィルム施工後、 フィルムアンテナ ETC ドライブレコーダーを 貼り付け(吸盤取り付け)等する場合,十分な乾燥、及び確認を行ってから取り付けをお願いします。
 車検ステッカーは付属の透明シートにつけた後透明シートごとフィルムに貼り付けます。(弱粘性なので次回車検の際フィルムを傷つけず簡単に剥がせます。)
 よくある質問
ドットが施されている場合、
その部分のフィルムも貼る仕様です。(不要な場合は切り取って使用ください。
施工後は乾燥すると水が抜けるため白く浮いた状態になります。(ガラスとフィルムが密着しないためです)

1車種で1本使用しますので自動ブレーキ等で左右分割タイプの場合、左のみまたは右のみのご注文はできませんので悪しからずご了承ください。
グラデーションタイプのご購入こちら

プロ・ディーラー御用達カット済みフィルム通販店